2017年5月26日 カテゴリー: 未分類 分泌量 はコメントを受け付けていません。

ハーバード大学医学部の研究によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上のカフェイン抜きのコーヒーで代用すると、恐ろしい直腸癌の発生率を半分以上も減少させることができたそうだ。
過飲過食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、高齢化などの複数の誘因が合わさると、インスリンの分泌量が減少したり、機能が鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発病することになります。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、通常なら人の身体をガンにさせない働きをする物質を製造するための鋳型みたいな遺伝子の異常が引き金となって発生してしまう病気です。
もう既に歯の周囲を覆っている骨を脆くさせるほど悪くなってしまった歯周病は、悲しいことに進行具合が治まったとしても、なくなった骨が元の量に復活することはないのです。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に在るインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったため、結果的に膵臓からインスリンがほぼ分泌されなくなってしまって発症に至るという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
学校など大勢での集団生活において、花粉症の為にクラスのお友達と一緒に思う存分動くことができないのは、本人にとっても寂しいことです。
何か物を食べる時は、次に食べたいと思った物を気軽に口へ入れて数回咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、その後人体はまことに律儀に動き続けて食物を体に取り込む努力を続けているのだ。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を下げたり突然変異を招く人体に害のある物質を体の中で無毒化し、肝臓の役割をより強める役目が判明しているのです。
人間の耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類されますが、中耳の近くに様々な細菌やウィルスがうつって炎症が誘発されたり、体液が滞留する病気を中耳炎と言います。
健康を推進する世界保健機関は、紫外線A波の度を越した浴び過ぎは皮ふに健康障害を招く可能性が高いとして、19歳未満の若者がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用する行為の禁止を強く世界中に求めている最中です。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や狭心症を代表とするいろんな生活習慣病の合併症を招くかもしれません。
アルコール、お薬、化学的な食品の添加物等を特殊な酵素によって分解して無毒化する作用を解毒といい、多機能な肝臓の果たす代表的な職責の一つなのです。
スマートフォン使用時の強い光を低減するレンズの付いた眼鏡が今人気を集めている理由は、疲れ目の対策法に大勢の人が挑戦しているからだと推測されます。
むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことやタバコを吸う事・アルコール・体重過多等のライフスタイルの乱れ、ストレスなどによって、ことさら日本人に多い病気だといえます。
ちょっとした捻挫だと決め込んでしまい、湿布をして包帯やテーピングでとりあえず患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置をしてからスピーディに整形外科の医師に診てもらうことが、結局は根治への近道に繋がるのです。